2014年04月08日

映画「愛人/ラマン」の感想 & DORA麻雀の役「字一色」

今朝のズームイン!!SUPERあかさたな占いでは大吉?扱いだったから、
今日は新しいことに挑戦してみようかな?
ここのところ、剣道をやってみたいとウズウズしてるんですよね(o^∇^o)ノ
とは言っても、スタートしようと思うと色々と買い揃えないと駄目ですからねヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ
くそー。。メンドイヤイヤ o(>_<)o ☆

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

最近映画命な感じなので感想をご紹介させて頂きたいと考えています!!!ワーイ♪☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ヘ(゚▽゚ヘ)☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ワーイ♪

え!?テメエの紹介文ではないの??
って突っ込みはスルー[壁]・m・) プププ


本日は「愛人/ラマン」の感想について紹介しようかと思っています!(´_ゝ`)クッククク・・(´∀`)フハハハ・・( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!


この映画の製作年は1992年です

監督はジャン=ジャック・アノーで、脚本がジェラール・ブラッシュ、ジャン=ジャック・アノーです!!ピース v(≧∇≦v)三(v≧∇≦)v ピース

この映画でメインで出てくる人はジェーン・マーチ (少女)、レオン・カーファイ (中国人青年)です!!(~ヘ~;)ウーン

この映画の出ている人列挙するとジェーン・マーチ (少女)、レオン・カーファイ (中国人青年)、メルヴィル・プポー (下の兄)ってな感じ(¬w¬*)ウププ

話題になりまくった当時劇場へ。





「例のCCDで撮ったセクスシーンキタ━━(゚∀゚)━━!!!!」「話題の毛ぼかしキタ━━(゚∀゚)━━!!!!」とに

かくその連続のみ(核爆)もー何年も経ったので

当時の斬新(?)さも薄れてるだろうしぃぃ大人だしと思いつつ改めて鑑賞。



まあそうですねえ。



エッチ度は、それほどでも。



何だったんでしょう、あの話題っぷり?ボカシ効果は

あなどれず・・・(やめ)愛も性もろくに

知らない、興味もわかないうちに行為のみに

突っ走ってしまい、その後愛していた事に

目覚めた少女の哀しいことったら。



そこから進めず「18で年老い」てしまったんで

すね。

最後にこれだけは言わせていただいて、

2人の役者さんたちを絶賛すべきで

しょう。



「ウホッ!いいおけつ」

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

麻雀の役って一杯ありますよね~ニャハハ!(≧∇≦ )人( ≧∇≦)ニャハハ!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は字一色に焦点を当てたいと思います!!!!...8-|κ`∀´|κ ウケケケ!!


字牌だけで役を完成させると、字一色という役満になる(*≧┏∇┓≦*) ブヒャ!

字牌は東南西北という4種類と白發中という三元牌(さんげんはい)の3種類、合計7種類がある。

字牌は数字がないので、順子(しゅんつ)で集めることはできないのですアセアセ...A=´、`=)ゞ

全部刻子(こうつ)で集め、それが4メンツと頭が2枚揃うことで初めて字一色(つーいーそー)となります。


字牌というのは対子や刻子(コウツ)になっていなければ不要牌として、
常に早い段階で捨てられる運命にあるのですヽ(´▽`)/

そのため、字一色を作っていくには配牌の段階でたくさんの対子があって、
こうした捨て牌をポン可能です体制になっている必要がありますヾ(¬。¬ ) ネェネェ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

字一色(出現割合:0.008%)
字牌が大幅に偏った時、手の中に見える「混一色、対々和」の目の前の上がりをいかに捨て強欲に走るか、"欲を出すセンス"が問われる役満。
手広く打った場合は「混一色、対々和」に惑わされ、それでも突っ走るならばその牌を終盤に切るという大きなリスクを背負い、また序盤で決め打ちをする男らしい打ち方は出上がりの可能性を大きく損ねてしまう。欲の見せ所だ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ(*'へ'*) ンー


今から12時間後にはやっと中学2年生の友だちとの麻雀だ。
早く来ないかなo(*^▽^*)o~♪

DORA麻雀に入金方法じゃよ笑?




おすすめ記事




posted by DORA麻雀は違法!? at 22:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。