2014年04月01日

映画「青春デンデケデケデケ」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 176 $の負け

一昨日もやばい雨だったね(≧◇≦)乂ダメダメッ!

雨のおかげで洗えてない服がたくさんになってしまったマッテ!ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

本日は洗濯するぞ(='m')くすくすっ♪
プラスして心の洗濯もするか~~=^-^=うふっ♪

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の感想を紹介したいと燃えております(='m') ウププ
ってyahooレビューですがイエーイ(∇^*d)(b*^∇)イエーイ


本日は「青春デンデケデケデケ」の感想について紹介しようかと思っています!!!o(↑∇↑)ノ彡☆バンバン ウレシナキー!!


この映画の製作年は1992年です!!!

監督は大林宣彦で、脚本が石森史郎ですv(≧∇≦)v いえぇぇぇぇいっ♪

この映画でメインで出てくる人は林泰文 (藤原竹良)や大森嘉之 (合田富士男)ですハイロッカ((( -_-)ヤメヨッカ(-__- )))カンガエチュウ(;-_-)o"

取り敢えず、この映画の出ている人列挙すると林泰文 (藤原竹良)、大森嘉之 (合田富士男)、浅野忠信 (白井清一)、ベンガル (藤原孝行)、尾美としのり (藤原杉基)、岸部一徳 (寺内先生)、尾藤イサオ (白井清太郎)、天宮良 (田中和夫)、日下武史 (合田浄信)、河原さぶ (吉田工場長)ってな感じ(_¬_)逆ニヤリ

テンポも良く、さわやかな後味の傑作。



一体どこが蛇足なの?それにしても、

何で大林氏はこのテンポのよい手法(カット割り)を

もっと多用しないのかと思っていたら、

続く「女ざかり」では速度がつき過ぎてしまい、

もはや狂っているとしか思えないカット割りが

作品を文字通りずたずたにし(個人的に

は好きですけどね)、逆に「ふたり」の中のトホホマラソンシーンは

あまりにぼやっとし過ぎ、ゆえに「デンデケ」は

、彼にとって計るのが難しいスピード(テンポ)バランスが

とれた奇跡の一作と言えますです!特に

ちっくんと白井清一の音楽室での出会いのシーンと、

一徳さんの死ぬ気で踊った結婚式のシーンは

、日本映画史に残る名シーン。



間違いない!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

麻雀の役って一杯ありますよね~。(゚▽゚*)ニパッ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は國士舞双に焦点を当てたいと思います!!ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪


国士舞双(コクシ)は麻雀の役でもあるのです。役満として扱われる。
もともとの名称は十三公九(シーサンヤオチュー)で、國士舞双(コクシ)は雅名ですね(。・w・。 ) ププッ


公九牌(ヤオチュウハイ)という普通は扱いづらい牌のみを集中して扱うため、
比較的成立させやすい役となっている。

大三元、四暗刻(スーアンコー)と並び、出しやすい役満として有名で、
役満御三家や三大役満などと呼ばれることも。
(ただし他の一般役とは比べ物にならないほど難しい役ではある)


某漫画の影響で、ごく一部ではライジング・サンと呼ばれることも。


なお正式な英語名は "Thirteen Orphans"(サーティーン・オーフェンズ:13人の孤児)ですので、
もし某国大統領とかと麻雀を打つ機会があっても、「ライジング・サン!」と言い放とうが通じないので注意した方がいいです((o(^∇^)o))わくわく



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


------------------------------------------------------

國士舞双(出現割合:0.043%)
九種九牌が採用されていないDORA麻雀では国士無双を積極的に狙うことが多いと予想されるので、実際に目にする機会は他の麻雀ゲームよりも高いと思われる。役満の中でかなり簡単な国士無双だが、それでも役満なので出現率は低い。ただ、序盤様子見て手が揃わなければ、終盤はベタ降りに徹することもできる。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。(━_━)ゝウーム


この辺りで!
けど今日は何故か頭が痛い。。治ってほしいなあ。。
さよなら~お(^o^)や(^◇^)す(^〇^)み(^-^)で(^・^)チュッ♪



おすすめ記事




posted by DORA麻雀は違法!? at 14:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。