2014年03月31日

DORA麻雀の役「三色同刻」 & 映画「眠れる森の美女(1959)」のレビュー

昨日の夜は特に寒いです(*゚ρ゚)ゞラジャ

そんなわけでサンマが美味しい季節になりますスタタタタタッ((((((((((; ̄ー ̄)ノノ

サンマに合う料理なら味噌汁でしょうねヾ(≧▽≦)ノ イヒヒヒー♪


そしてこれらにきゅ~っと「水鏡無私」を飲むと最高ですヾ(T∇T)ノ彡☆ギャハハ!!バンバン!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の魅力を紹介したい!と思います!!ホホホ!(^O^)
ってみんなのシネマレビューですが(゚m゚*)プッ


本日は「眠れる森の美女(1959)」の感想について紹介しようかと思っています!!!!(T▽T)アハハ!


この映画が作られた年は1959年です

監督はクライド・ジェロニミとウォルフガング・ライザーマンで、脚本がウィンストン・ヒブラー、ビル・ピートです!、( ̄▽ ̄)V いえーい!

この映画のメインは、妖精 フローラ (声優はヴァーナ・フェルトン)です。「(゚ペ) エットォ…

この映画に出てくるキャラを列挙すると、妖精 フローラってな感じ|* ̄ー ̄|

これ、私が小さいとき、ウチにレコード付きの紙芝居が

あってさあ。



悪役の魔法使いの顔がメチャメチャ怖くてビビりまくってたのよね。





レコードの甲高い声のセリフも、まるで

昨日のことのように思い出されます、

「糸車の針に指を刺されて、し~ぬ~の~じゃ~(全く意味不明の殺害方法で

、怖かった)」「何、とうとう現れたか。



私の呪いを見せてやる時がきたよ。



あの王の慌てふためく姿を早く見たいものじゃ(あー何だかスラスラ思い出せてしまう。



しかも書いてるうちにまた怖くなってきたりして)」等々。



あれって、当時の吹き替えそのままだったのしょうか?残念なが

ら今観ると、だいぶ違っておりました(今回観たのが

初めてではないハズなのですが、吹き替えに

ついては思い出せず)。



紙芝居の静止画で見ていたらあれほど怖かったあの魔法使いの顔、

実際にアニメで動いているところを

観ると、意外に怖くなかったりするので

すが、何といっても、この登場人物たちの「動き」の見事さ。





ホントに圧倒されます。



入念に描きこまれたこれまた素晴らしい背景画に

も、なかなか目をやる暇が無いほどで

す。





そして、前半の遊び心の多いシーンの数々から、

一転、モーレツなスピード感のある怒涛のクライマックスへ、

という展開もこれまたお見事。



そもそも、フィリップ王子まで捕えられてしまう理不尽さが

良いですね(紙芝居見てた頃にも理不尽に

感じて怖かった)。





魔法使いの住み家の、ゴテゴテとした悪趣味な装飾も好い感じ(こんなトコに

、住みたいか?)。



「このテの悪役は、途中まではメチャ強いのに

、変身したら最後、必ずヤラレテしまう」というセオリー(?)に

も忠実。



ただしフィリップ王子は何だか、イケ好かない。

ありゃーどう見てもアメリカ人の顔で

っせ。





あと、オーロラ姫も、「16歳」に

は見えませんぜ。



まあいいけど。







◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

麻雀の役って一杯ありますよね~。クルクル(^-^)(-^ )(^ )( )( ^)( ^-) (゚∇^*)v⌒☆ブイッ!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は三色同刻を説明したいと思いますo(^▽^)oキャハハハ



刻子(コウツ)を中心に作る手の中で、とても美しい役があるのです。


3種類ある数字牌の同じ数字による刻子(こうつ)を3つ揃えると完成する三色同刻(さんしょくどうこー)で、
役は2ハンですが、2ハンにしてはかなりの難易度です。

ポンをしても成り立つ役ですが、
記憶の限りでは僕はこの三色同刻(サンショクドウコー)をホーラしたことがないです[岩陰]T-T)ダー


順子(シュンツ)で構成する三色同順(サンショクドウジュン)であれば頻繁に見ることが可能ののですが、
こちらは幻の役を言っても良いかも知れません。実際に上がることができたとしても、
意識して作るのはかなり難しいのではないかと思います。



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


こちら

DORA麻雀の解説を見てみましょう



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

三色同刻(出現割合:0.05%)
こちらも実は役満と同じぐらい出現率の役。
自分でも「そんなことは無いと思うな」と心のどこかで思うが、同じ牌が2種類暗子で保有していたとしても、最後の一種類は雀頭になってしまうケースが殆ど。仮に三色同刻が確定した状態を作れたとしても、そこからのウケは案外悪く、中々難しい。余裕のある時に、少し考えてみてはどうだろうか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。(━_━)ゝウーム



DORA麻雀

今日はこの辺で
けど今日は何故か鼻が痛い。。治ってほしいなあ。。
疲れたので寝よ~っと(。・o・)お(。・д・)や(。・。・)す(。・_・)ノみ♪



おすすめ記事




posted by DORA麻雀は違法!? at 22:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。