2014年03月09日

映画「ナチュラル」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 163 $の負け

一昨日は豪雨だったね((((((((((((*ノノ) ヒドイワーッ

雨のせいで汚い服がかなりたまってもうた.......((((((ノ゚⊿゚)ノ アゥ

本日は洗濯しないとね(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん
それと心の洗浄もするか~~ρ(-.-、) ソウカヨソウカヨ・・・

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の感想を紹介したいと燃えております!!!!(〝⌒∇⌒〝)キャハハハ!!
と言ってもyahooレビューに載ってる感想ですが´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)ウフフフフフ


本日は「ナチュラル」の感想ですね!!!!ъ( ゚ー^)イェー♪


この映画が作られた年は1984年です!!!!

監督はバリー・レヴィンソン〔1942年生〕で、脚本がロジャー・タウンです!!!!ヾ(^▽^*おわはははっ!!

この映画でメインで出てくる人はロバート・レッドフォード (ロイ・ホッブス)やグレン・クローズ (アイリス)です。?c(゚.゚*)エート。。。

この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、ウィルフォード・ブリムリー (ポップ)、リチャード・ファーンズワース (レッド)、キム・ベイシンガー (メモ)、ロバート・デュヴァル (マックス)、ダーレン・マクギャヴィン (ガス)、ロバート・プロスキー (判事)、マイケル・マドセン〔男優〕 (バンプ)、ジョー・ドン・ベイカー (ワマー)ってな感じ。ъ( ゚ー^)イェー♪

おとぎ話、なんですけれど、それが決して弱点で

はなくって、大きな魅力になっていると思います。



レッドフォードの火を噴くようなバッティング、

そこに込められた神がかり的な力。



その背景に流れてゆく物語は、必ずしもすっきりとするもので

はないのが、私としてはちょっと見ていてツラいんで

すけれど(スキャンダルだとか八百長話だとかいうドロドロした部分で

すね)、それらを打ち砕いてゆく夢の力が

、映像にみなぎっていました。





バリー・レビンソンの映画は当たり外れの波が

大きいんですけど、この映画の映像感覚が

毎回表現できていればいいんですけどねぇ。







+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

麻雀の役って一杯ありますよね~ヽ(*^∇゚)oC□☆□Do(゚∇^*)ノ カンパーイ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は天和を説明したいと思います!ヤッター! (  ̄▽)爻(▽ ̄ ) ヤッター!



局が始まったら、まずは配牌がそれぞれのプレイヤーに配られます。

親は第1自摸を同時に配牌として引いてくるから、最初から14枚が揃っている状態になるんです(='m') ウププ

そこから不要な牌を捨てて局がスタートとなるのですが、
この14枚がある時点で役が完成していて、上がっていれば天和(テンホー)という役満です。

天和自体に役があるので、上がる手には何にも役がついていなくても役満成立です。


親の役満なので、局の開始直後にいきなり他のプレイヤーは1万6000点の支払いとなってしまいます。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀の評判はどない?

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

天和(出現割合:0.000003%)
麻雀の役の中で一番出にくい役。
ダブル立直ならばちょくちょく見れるが、確率的に33万分の1と言われている役満。
しかし麻雀人口が圧倒的に多い日本では見たことがある、出したことがあるという人もちらほら。賭け麻雀の場で実際に目の当たりにしたらその人間が何かしていないか疑うレベルの役満だ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じ。。。o(゚^ ゚)ウーン



DORA麻雀 レート

本日はこの辺で!
しかし今日は肩が痛いなあ
お休みなさい(T¬T)/~~~サヨナラ・・・オヤスミナサイ・・



おすすめ記事




posted by DORA麻雀は違法!? at 22:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

映画「ボビー・フィッシャーを探して」に関して & DORA麻雀の役「槍槓」

さ!スポーツの秋やし、
スポーツを始めようかえ・・・(|||▽ )e( ̄ *) アノネ・・・

どんなのがいいかな~?~(=^‥^A アセアセ・・・
やっぱり手軽にやれるやつで無いとダメだよね
いや~キツイと継続しないからねヽ(´▽`)/へへっ

さっさと考えよう。.:♪*:・'(*⌒―⌒*))) スペシャルスマイル

-------------------

ここの所映画大好きーな感じなのでレビューを紹介していきたいと考えていますヾ(>▽<)oきゃはははっ!

え??あんたの感想は?
なんてツッコミは華麗にスルーします(^○^)


今日は「ボビー・フィッシャーを探して」の感想について紹介しようかと思っています!!ψ(*`ー´)ψ ゥヶヶ


この映画の製作年は1993年です!!!!

監督はスティーヴン・ザイリアンで、脚本がスティーヴン・ザイリアンです!!☆*~゚⌒('-'*)⌒゚~*☆ウフフ♪

この映画でメインで出てくる人はマックス・ポメランク (ジョシュ)、ジョー・マンテーニャ (フレッド(ジョシュの父))です`s(・'・;) エートォ...

この映画の出ている人列挙するとマックス・ポメランク (ジョシュ)、ジョー・マンテーニャ (フレッド(ジョシュの父))、ジョアン・アレン (ボニー(ジョシュの母))、ベン・キングズレー (ブルース)、ローレンス・フィッシュバーン (ヴィニー)、ロバート・スティーヴンス〔男優・1931年生〕 (ジョナサンのチェスの師)、デヴィッド・ペイマー (カレフ(モーガンの父))、ダン・ヘダヤ (トーナメントの進行役)、ウィリアム・H・メイシー (ツナサンドのお父さん)、ローラ・リニー (学校の先生)って感じですね。川 ̄∠ ̄川 フフフ

サクセスストーリーものかと思ったら全然違って、

父子の関係を軸に描きつつ、家族の在り方を

テーマにしたドラマだった。



タイトルに使われているボビー・フィッシャー(チェスの名人だったらしい)は

、あくまで小道具代わり。



ストーリーの内容そのものにはあまり関係ないで

す。

チェスは面白いし、子供の上達が早いのもわかるけど、

序盤はもう少し丁寧に描いてほしかったかな。



少年の心の成長もさらりと描けていて、

普通に良作だと思う。





-------------------

麻雀の役って一杯ありますよね~\(*T▽T*)/ワーイ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は槍槓に焦点を当てたいと思います。(o^∇^o)ノ


他の人が加槓した際、その牌が自分のの和了牌であった際
には「ロン」することができ、この場合槍槓(チャンカン)という役が成立します(  ̄ー) ヨコガオニヤリ

1飜

あなたの手が、
二萬 三萬 四萬3s 4s 5s2萬 3萬 4萬4萬 6萬8索8索


とすると、嵌張待ちになっていますね。


この際、他の誰かがすでに待ち牌をポンしていたとします。

あなたの待ち牌はすでに3枚使われているわけですから、
残り1牌しかありませんよね(; ̄ー ̄川 アセアセ


そこで、その相手がさらにを引いてきて、カンをしたとします。


本来なら当たり牌をオール使われてしまったから、
あなたは和了することはできないのですが、
ここであなたは「ロン」が可能ののです!


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

槍槓(出現割合:0.05%)
他家が加槓(小明槓/ショウミンカン)した牌が当たり牌だった場合に成立。
一翻役とは思えないぐらい出現率が低いので、狙うとか狙わないとかの話ではない。
強いて言えばリャンピンが場に3枚出て、イーピンを他家が鳴いた時、待ちがイースーピンの場合、不要牌であるイーピンは必ず出る……ということもあるだろうが、一翻役とはいえ決して狙いに行く役ではない。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。"o(-_-;*) ウゥム…


この辺りで!
けど今日は何故か腕が痛い。。治ってほしいなあ。。
ばいば~い(=o=)お(=O=)や(=。=)す(=w=)み~~zzZZ

麻雀列伝




おすすめ記事




posted by DORA麻雀は違法!? at 15:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

映画「トニー滝谷」のレビュー & DORA麻雀の役「小三元」

今日は特別にひんやりしてます。(*゚ー゚)(*。_。)ウンウン♪(゚ー゚*)(。_。*)ウンウン♪

ということで愛する人がいない日々が悲しくなりますヘ(。。ヘ)☆パシッヽ(^^;)

お見合いパーティでも行こうかな(/TДT)/あうぅ・・・・

クリスマスへの下準備もさっさとせんといけないしな~バイバイ!ヾ(・◇・)ノ

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

ここ最近映画命な感じなのでお勧め映画の感想を紹介していきたいと思います。(=v=)ムフフ♪

って自分のレビューじゃないのかよ!?
なんて突っ込みは華麗にスルーします(▼-▼*) エヘ♪


今回は「トニー滝谷」の感想ですね!ヾ(≧▽≦)ノ イヒヒヒー♪


この映画が作られた年は2004年です

監督は市川準で、脚本が市川準です!(ι´ω`)つ彡☆キャパキャパ♪

この映画のメインは何と言っても!!!トニー滝谷 / 滝谷省三郎演じるイッセー尾形です。・・・( ̄  ̄;) うーん

この映画の俳優さんは、イッセー尾形、宮沢りえ、小山田サユリ、水木薫、山本浩司(俳優)、木野花って感じですね才≡⊃"├!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

素晴らしかったと思う。



小説の映画化作品というものは多々あるけど、

この映画ほど、小説の世界観が直接に

伝わってくる作品は無かったと思う。



まるで映像の中に、文体とそれが伝えるものが

、うっすらと浮かんでくるようだった。



市川準監督らしい、淡々としたカメラワークの中で

、二人の素晴らしい俳優が、これが

映画であるということを忘れさせるくらいに

、静かに、確実に、息づいていた。





◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

麻雀の役って一杯ありますよね~ヘ(~∇~*ヘ)))))... ...(((((ノ*~∇~)ノウヒョヒョヒョ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は小三元を説明したいと思います!!!(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!!


白、發、中という3種類の字牌は三元牌と呼ばれます。

この三元牌(さんげんはい)はそれぞれ1つを刻子にするだけでも役牌となって1翻の役がつきますが、
これを3種類全て刻子(こうつ)にすれば大三元という役満になります( ´_ゝ`)( ´_ゝ)( ´_)( ´)( )・・・*パッ

しかしながら、残念ながらどれか1種類が2枚しか揃わず、
頭として使用して上がることができれば小三元(ショウサンゲン)となります。


小三元自体は難易度の割には2翻しかないのですが、
小三元が揃っているということは2種類の役牌が揃っていることになるんですから
2ハンを足して満貫確定ですヘ(°◇、°)ノ~ ウケケケ...


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



------------------------------------------------------

小三元(出現割合:0.15%)
こちらも混老頭と同じで、満貫が約束されている役。
ただ小三元の特性はやはり警戒されること。白と中でポンをした場合、なかなか發は出てこない。しかしパオ(責任払い)が存在しないDORA麻雀ではトップを取りにラスが捨てるケースも考えられなくは無い。喰い下がりなら、せめて混一色を入れながら色を特定されるのは避けたいところだ。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。(ーΩー )ウゥーン


今晩はこの辺で
しっかし今日は足が痛いなあ
お休みなさいオヤスッスーコーラスヽ(*゚o゚)(゚0゚)(゚o゚*)ノオヤスッスーオヤスッスーデュゥワァーワァー♪



おすすめ記事




posted by DORA麻雀は違法!? at 07:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。